読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

重要文化財の本堂が全焼した岡山の金山寺を査察したらまだ消化器がなかった

文化財 神社仏閣

昨年(2012年)の暮れも迫った12月に、岡山市北区金山寺が全焼するショックな歴史ニュースが列島を走りました。

もう燃えてしまったものは、残念だけど、残念だけど、残念だけど、仕方ない。。。

ところが、きょう(2013年1月16日)の山陽新聞が報じたところによると、

 昨年12月に全焼した金山寺岡山市北区金山寺)を15日、同市消防局などが査察した。焼失を免れた文化財3棟の防火対策を確認するためだが、護摩堂(県重文)では消防法で義務付けられた消火器が現場になく、配備するように指導した。

ちゃんとしましょう。火の用心。

  • 関連記事

「戦国武将宇喜多氏が建立にかかわった重要文化財の寺が全焼【岡山・金山寺】」(歴史ニュースウォーカー、2012/12/25)