読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

【モナリザ】絵のモデルかどうかを知りたい好奇心から墓をあばくイタリア人

Leonardo Da Vinci's Masterpiece - 無料写真検索fotoq
photo by Storm Crypt

欧米人の「高慢な」正義感って、捕鯨問題もそうですが、こういうところにも時々現れるようです。
イタリアで、モナリザのモデルとなった女性の遺体をあばいて、顔を復元して、本当にモナリザかどうか調べようというプロジェクトが進んでいるとCNNです。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35025625.html

レオナルド・ダビンチの名画「モナ・リザ」の謎を解明するため、モデルになったとされる女性の遺体を発掘して顔面を復元しようというプロジェクトがイタリアで進められている。
 モナ・リザは、当時の豪商フランチェスコ・デル・ジョコンドの2人目の妻、リザ・ゲラルディーニがモデルになったとする説が有力だ。記録によると、ゲラルディーニの遺体はフィレンチェの女子修道院跡にある古い建物に保管されているという。
 この建物に保管された遺体は、アルミホイルに包んで密封容器に入れ、整理棚に積み重ねられている。調査チームが1体ずつ取り出して調べた結果、ゲラルディーニのものと思われる頭蓋骨の断片を発見。国内外の大学に検体を送ってDNA鑑定を行い、別の場所に埋葬されたゲラルディーニの親族のDNAと照合する。
 ゲラルディーニの遺体であることが確認できれば、頭蓋骨の断片を組み合わせて顔面をほぼ正確に復元できるといい、調査チームを率いるシルバノ・ビセンティ氏は「『レオナルドのモデルは誰だったのか』という美術史上の謎がついに解明される」と興奮気味に話す
(略)
DNA鑑定の結果が出て、顔面が復元されるまでには数カ月はかかる見通しだ。

興奮気味って、ちょっと恵美はひきましたけど。

下のボタンをクリックお願いします!励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村