読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

「島清恋愛文学賞」に北海道開拓民の歴史バックグラウンド小説

 島清(しませ)恋愛文学賞に、桜木紫乃さんの「ラブレス」(新潮社)が選ばれました。(ソース:読売HP

 北海道開拓民の娘が「売り飛ばされて」、その後は、恋愛小説なのですから、愛に走るんでしょうねぇ(と、ぼやかす)

 恵美嘉樹キンドルで読みました。(単行本1680円のところ1280円)
 まだ電子書籍は小説など、線を引く必要のないものしか、うまく読めないのが現実です。。。習慣かえるのはなかなかムズイ

 

 売られた女性といえば、なんといっても山崎朋子さんの『サンダカン八番娼館』が小説をこえるノンフィクションなわけですが。

 (これも最近、キンドルで再読しました。再読のきっかけは下のエントリーにあります)
 -飛田新地のルポを読んで驚き、キンドルで山崎朋子の「サンダカン八番娼館」を格安で買えて、また驚く【遊郭写真】

 


 この文学賞も19回なのですが、18回目までは白山市が行っていて、今回からは資金難から?市が手を引いて、民間が引き継いだそうですね。
 審査員のメンバーがすごいです。
 渡辺淳一藤田宜永小池真理子
 こりゃ、やめたくないよなぁ。
 
wikipedia「島清恋愛文学賞」より

島清恋愛文学賞(しませれんあいぶんがくしょう)は石川県白山市が主催する、恋愛小説を対象とした文学賞である。同市出身の作家島田清次郎にちなんで1994年に制定され、2011年を最後に廃止された。しかし推薦委員が独自に存続させる意向を示している。


1日1クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログへ

ブログランキング