読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

【三国志】諸葛孔明も見た(かもしれない)ナゾの石の巨大獣、蜀の都、成都であらわる【考古学】

中国・朝鮮半島史


中国から日本人にたまらない考古学ニュースです。

中国・四川省成都市の文化財考古調査チームなどが2012年1月9日に記者会見を開きました。

なんと、三国志時代の不思議な巨大な石の獣像があらわれたというのです。


市内の四川大劇院で発掘調査していたことろ、重さ約8・5トンもの巨大石獣が出土したのだそうです。
推定年代から、三国志諸葛孔明が蜀の成都にいた時代とマッチするそうで、諸葛亮も見た(かもしれない)石獣として注目を集めそうですね。
蒼天航路 VOL.8 [DVD]
石像じたいが作られたのは始皇帝の秦から漢の時代ですが、埋められたのが、三国志が統一された西晋時代なのだそうです。

漫画「蒼天航路」と、「キングダム」をまたがるサイ(サイっぽいですよね、カバかな)ですね。

両方の漫画のファンである恵美嘉樹としてはなんともうれし、たのしいニュースです。

詳しくはサーチナ(写真は「CNSPHOTO」)

関連リンク

▼ワンデーレンズ 63%オフ