読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

タイに押し寄せる日本と中国の観光客。そして中国人は世界遺産アユタヤで賽の河原を積む、積む、積む


 尖閣諸島の問題で関係が絶賛悪化中の日中両国の観光客が、日本人は中国を、中国人は日本をさけたために、その間(にあるわけではないですが)タイが「漁夫の利」でツアー客が増えています。

 タイの観光・スポーツ省によると、12年11月時点で観光ビザを取得した日本人の入国者数は前年比約19%増の約124万人に。中国人も12年11月時点で約250万人になり、過去最高を更新した。

 恵美嘉樹はタイが一番好きな国の一つです。
 バンコクなどでの洪水のときも助けたい気持ちで一杯だったのですが、知り合いの多い東北の支援をしていたので、なかなか、実際の行動までいかず。
 タイの友人から地震のときには励ましをたくさん受けたし、なかにはipadの転売でもうけた!国内に募金すると届くかわからないからといって、その利益を送ってくれた友達もいました。

 というわけで、どんどんタイには漁夫の利をえていただきたい。

 でも、中国のみなさん、こういうこと↓はやめましょう。アユタヤは大切な世界遺産です。

 世界遺産に登録されているタイ中部のアユタヤ遺跡で、台湾、中国などの旅行者が、レンガや石を積み上げ小さな塔を作ることを盛んに行い、物議を醸している。タイ当局は「違法行為ではない」として黙認しているが、作られた塔は作業員が毎日撤去している。

1日1クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログへ