読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

ほほ笑みと軍事の国ミャンマーの地下にイギリスの名機スピットファイアの編隊が眠る?

近現代

Frame by Frame - 無料写真検索fotoq
photo by smileham
 恵美嘉樹も子どもの頃は、第二次大戦マニアでした。歴史好きってみんなそうですよね?えっ?そうでもない?

時事通信がきょう(2013年1月7日)面白い外電を流しています。

 第2次世界大戦末期、ミャンマーヤンゴンの地中に大量に埋められたとされる当時の英軍主力戦闘機スピットファイアの発見・回収を目指す英発掘チームが5日、ミャンマーに向け、空路ロンドンを出発した。36機が埋められているとみられている。発掘作業は7日に開始される予定。

 発掘チームを率いる熱狂的航空機ファン、デービッド・カンダル氏はAFP通信に対し、「地中に埋められたスピットファイアが発見されれば、古代エジプトツタンカーメンの墓が発掘された事件に匹敵する」と意気込んでいる。
(略)

イギリスの植民地「ビルマ」だったミャンマーは大戦中に、日本軍が攻めてきたので、イギリス軍は新品の編隊を増派しました。したはいいけど、電光石火すぎて、あわてて撤収するために、そのまま大きなコンテナ?にいれて埋めたという話があるのだそうです。

熱狂的航空機ファンが発掘責任者とは、まあ、テレビあたりが裏にいるんでしょうね。

ハセガワ 1/48 スピットファイア Mk.7/8 尖形翼

ハセガワ 1/48 スピットファイア Mk.7/8 尖形翼