読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

あの世界史的名言の現場が見つかる

古代ローマの英雄カエサル(シーザー)の劇的な死は、超有名ですね。
「ブルータスお前もか!」

そんなカエサルが死んだ場所が特定されたのだとか。(AFP通信日本語
なんで特定されたかというと、のちの初代皇帝(カエサルの養子)が記念碑みたいなのを立てていたからなんだとか。


=写真は発見したスペインの考古学チームCSICのHPでダウンロードできます2枚=

AFP通信の続報(英語)によると、2013年から一般にも公開されるんだそうです。

カエサルの暗殺地点を「特定」、スペイン考古学チーム
【10月11日 AFP】古代ローマ独裁官ユリウス・カエサル(Julius Caesar)が紀元前44年に暗殺された正確な位置を特定したと、スペイン科学研究高等会議(CSIC)の考古学チームが10日発表した。

イタリア・ローマ(Rome)中心部のトッレ・アルジェンティーナ(Torre Argentina)遺跡で発掘調査を行っていた研究チームは、カエサルの養子で後継者の初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)によって建てられた幅3メートル、高さ2メートルの構造物を発見したという。この構造物は、アウグストゥス帝が権力を掌握した後、養父の暗殺に対する非難の意を込めて暗殺地点に建造させたものだという。

CSICは声明で「カエサルが『ポンペイのクーリア(Curia of Pompey)』で元老院を主宰し、席に座っているところを刺されたことが確実となった」と述べた。「ポンペイのクーリア」は当時、元老院の議事堂として使われていた。

考古学チームは現場の遺跡と古代の歴史資料とを比較し、今回の発見に至ったという。CSICの研究者アントニオ・モンテローソ(Antonio Monterroso)氏はAFPの取材に対し、チームが特定したのはカエサルが刺されて倒れた場所であって、その後どこで息を引き取ったかは分からないと述べている。(c)AFP


大きな地図で見る

グーグルストリートビューでみると、町中の一角に柵で囲まれた遺跡として保存されている場所のようですね。

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)

恵美嘉樹よ、お前もか
と思っても思わなくても、
ぜひ下のボタンをクリックお願いします!励みになります。

歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村