読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

岡田官兵衛は本当に葵の御紋の姫と??

戦国時代

 黒田官兵衛ことV6岡田さんは不倫していたと言われているんですね。NHK大河決定ではじめて知りました。どうりで、今年は大河発表が遅いなあと思っていました。すみません、世情にうとくて。


如水居士画像(崇福寺蔵)(Wikipediaより)
 それはともかく、前回のエントリー「軍師官兵衛」
 黒田如水関ヶ原の合戦において、大活躍した息子を「さっさと終わらせおって、ばかもん。乱戦になれば天下を狙えたのに!」と怒ったという有名な逸話はウソです、という風に書いたら、「本当にウソなの?」(本当なんだかウソなんだかわからない質問の仕方ですね)と聞かれました。

 このエピソードのもとは、家臣が官兵衛と息子の長政の言動をまとめたとされる「黒田故郷物語」(リンクは早稲田所蔵の古文書)にあります。

 関ヶ原後、意気揚々と九州へ帰ってきた長政が如水(官兵衛)に言いました。
 長政「内府(家康)殿が私の手をガツっと取って御礼を言ってくれました」
 如水「シラー) ふーん。家康殿はどっちの手で握ったのじゃ?右か?左か?」
 長政「右手です(ニコニコ」
 如水「ほう? では、そのたの右手はその時なにをしていたんじゃ?」(なんで右手で家康を殺さなかったんじゃ!怒)

 というのが元ネタです。早稲田のみると、文政12年(1829年)写ですから、すでに3次資料くらいのレベルです。あんまり信憑性が高いものではないです。というか、ムリ。
 で、ここから派生して、大正時代に金子堅太郎が『黒田如水伝』という本の中で、長政「家康が三度も手をとってくれた」如水「なぜ空いた手で差さなかった」としたシーンが定着するのです。

 でもポイントは、如水の嫌味な言葉ではなく、家康がどうして、長政に御礼を言ったのか、にあります。
 前にも言ったとおり、戦場での武功そのものは東軍みな頑張っていますから、飛び抜けてはいません。
 それよりも、黒田如水親子が調略によって、南宮山の毛利の大軍(本来は主力)を(毛利一族の吉川を説得することで)足止めしたことに尽きます。
 
 
 今回の参考文献は

 岡田さんの不倫のことを知っていた人はぜひ下のボタンをクリックお願いします!

歴史 ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村