読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

最古のブラジャーを追いかける朝日新聞記者の暑い夏

今年の7月にオーストリアの古城で、最古のブラジャーが見つかったと話題になりました。レースや刺繍などがあしらわれていて「勝負下着」だったそうです。

(Photo: B. Nutz)

それを朝日新聞記者が2か月にわたり追いかけていたようで、けさの朝刊国際面に大きく載っていました。

http://www.asahi.com/international/intro/TKY201210010518.html

 中世の女性も「勝負下着」に胸をときめかせたのだろうか。
 オーストリアの大学が今夏、15世紀に作られた「世界最古のブラジャー」を見つけたと発表した。
 女性のおしゃれ心をくすぐるレースや刺繍があしらわれていたが、決して特権階級だけの楽しみというわけではなかったようだ。
 アルプスの険しい峰々が連なるオーストリア西部チロル地方。その中心市イン
スブルックの南にある古城で2008年夏、改装作業中に3階の床下から大量の布きれや革靴に交じってブラジャーが出てきた。
 インスブルック大学の考古学研究チームが分析したところ、全部で4種類あっ
た。放射性炭素を使った年代測定の結果、1440-85年ごろのものと判明し、大学は「現存する最古のブラジャー」と発表した。
 現代ブラジャーの起源には諸説あり、18世紀後半にフランスで考案された説
や、1910年代に米国人女性が特許を取得した説などが知られている。だが、コルセットが広まる以前の中世の女性下着は14-15世紀の書物に「乳房を収める袋付きのシャツ」などの記述があるだけで、実態はよく分かっていなかった。

などとどこまでも「アツイ」記事です笑

女性下着の歴史に詳しいというウィーン博物館のレギーナ・カルナー部長(56)とかともメチャメチャ話が盛り上がっている風です。

現代のサイズで「Cカップ」だ。

とか、玉川記者、もうマニアすぎます。

面白かったのは、床の断熱材としてごみと一緒に使われていたから、残っていたということです。縄文の貝塚みたいなもんですね。

それに、男の人の下着も見つかっていて、それは「ひもパン」だったのだとか。写真はありませんでしたが、玉川記者の興味の範疇外だったのでしょうか。
ひさしぶりに新聞を笑いながら読みました。

くすりと笑えたら下のボタンをクリックお願いします!

歴史 ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

図説 ドレスの下の歴史―女性の衣装と身体の2000年

図説 ドレスの下の歴史―女性の衣装と身体の2000年