読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

ナチスがチベットから持って帰ったヒンズーの神様はなんと隕石だった!

世界史

共同通信などから「ナチスの彫像、実は隕石 チベットから持ち帰る 胸に「卍」との面白いニュース。
わくわくしますね。

 隕鉄とは、隕石のうち、鉄・ニッケル合金の比率がおよそ90%以上のもので、隕石の5・7%を占めるそうです。
 明治23年(1890年)に、富山県中新川郡上市町(旧白萩村)で発見された22.7キロもの大きさの隕鉄を、あの函館政府で有名な榎本武揚(えのもとたけあき)が、刀工(国宗さん)に作らせました。その名も「流星刀」!この厨二まるだしの刀は、当時の皇太子(のちの大正天皇)に献上されたと言われています。

2012/9/27 10:59
 1930年代末にナチス・ドイツがチベットから持ち帰った彫像を調べてみると、宇宙から落下した珍しい隕石でできていた――。考古学者とナチスが登場する映画「インディ・ジョーンズ」を思わせるような劇的な研究結果を、ドイツやオーストリアの研究チームが米学術誌に26日発表した。

隕石でできていることが判明した、ナチス・ドイツがチベットから持ち帰った彫像=ドイツの研究チーム提供・共同
 隕石の片面を削り出した彫像は「アイアンマン(鉄の男)」と呼ばれ、高さ24センチ、重さ10.6キロ。仏教毘沙門天ヒンズー教の神がモデルで、少なくとも千年以上前に作られたとみられる。
 チームによると、ナチス親衛隊(SS)隊長のヒムラーの命を受けた調査隊が38〜39年にチベット付近で見つけ、ドイツに持ち帰った。胸にはもともと仏教などで吉祥とされる「卍」が刻まれており、アーリア民族の象徴として向きが逆のかぎ十字を掲げるナチスにとって貴重な発見。調査目的もアーリア民族の起源探しだった。
 彫像は長く個人に所蔵されていたが、2007年にチームがサンプルの提供を受けて成分を調べると、ニッケルを多く含む珍しい鉄隕石の一種と判明した。地理的条件などから、モンゴルとロシアの国境近くで約1万5千年前に落下したチンガー隕石の破片から削り出されたとみられる。
 隕石を宗教崇拝の対象とする例は世界的に多く知られており、チームは「彫像の作者もこれが特別な石だと気が付いていたのではないか」と推測している。論文のタイトルは「宇宙から来たブッダ」と名付けた。(ワシントン=共同)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2701H_X20C12A9CR0000/


歴史 ブログランキングへ

納豆サイコーφ ★ 2012/09/27(木) 13:43:31.47 ID:???
【9月27日 AFP】
1938年にナチス親衛隊(SS)の探検隊がチベットから持ち帰った仏像は、隕石(いんせき)を彫って
作られていたという論文が26日、科学誌「Meteoritics and Planetary Science(隕石学と惑星科学)」に発表された。
 
アドルフ・ヒトラーAdolf Hitler)の「第三帝国(Third Reich)」と宇宙からの「財宝」の結びつきを示した
独オーストリアの合同研究チームによる調査結果は、まさに映画『インディ・ジョーンズ(Indiana Jones)』を
地で行くような話だ。

鉄分を多く含む岩石で作られていることから「アイアンマン(Iron Man、鉄の男)」と呼ばれるこのチベット仏像は、
動物・民俗学者エルンスト・シェーファー(Ernst Schaefer)が率いるSS探検隊がドイツに持ち帰ったもの。

ナチスドイツはアーリア人を最も優秀な民族としており、探検隊はアーリア人の起源は
チベットにあるという説を確認するため、親衛隊長官のハインリッヒ・ヒムラー(Heinrich Himmler)
の支援を受け、1938〜39年にチベットに派遣された。探検隊のメンバーは全員がSS隊員だったとされる。

仏像は高さ24センチ、重さ10.6キロの毘沙門天の座像で、開いた右手を下に向けている。
化学分析の結果、鉄とニッケルを多く含むアタキサイトという極めて珍しい隕石を彫ったものであることが分かった。

研究チームに参加した独シュツットガルト大学(Stuttgart University)の
エルマー・ブフナー(Elmar Buchner)氏によると、1万5000年前にモンゴルとシベリア境界付近に衝突したいん石とみられる。

毘沙門像が彫られた正確な年代は不明だが、作風からチベット仏教文化が確立する11世紀より前のものとみられる。
(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2904113/9587885?ctm_campaign=txt_topics

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2209017/Discovered-Nazi-expedition-1936-incredible-1-000-year-old-Buddhist-statue-METEORITE.html
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/09/26/article-0-1538923D000005DC-652_634x853.jpg

七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:45:45.95 ID:0/eVd9iH
>>1
ナチスが持ち出さなかったら中国に破壊されてたかも。
七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 13:47:17.44 id:BHQt+IAA
>>1
中に異星生命体が封印されているんですね、分かります
七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:47:26.39 id:PvY/A87O
ナチの財宝かロマンじゃのう
七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:47:48.69 id:t4vYMx7E
ナチスの贋作じゃねーの
七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:48:51.38 ID:+IjxUqlg
これはトライデントとアーカムが黙っちゃいないな
七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 13:49:04.46 id:XrZpmUdI
おーすげー、確かに見た目鉄っぽいな。
10 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:50:34.82 id:f3Hq/t9u
インディージョーンズのモデルになった人はマチュピチュ遺跡見つけた冒険家な
たしかハワイ出身のはず
11 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 13:51:48.30 id:npx+cPRM
ナチスのお陰で文化大破壊革命を免れたんだな
12 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:52:18.02 id:LnV4Jr0I
硬かっただろうに、よく彫れたな
14 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 13:59:38.85 id:MdV5eJ0q
まぁ古来から隕鉄は色々利用されてきたし、
こういうのに使われても不思議じゃないけど
隕鉄を彫って作っ仏像ってのは凄いな。
15 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 13:59:52.45 id:Us3znTWc
アルトノイ原形質か。

ブンダバー!
16 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:02:54.59 id:ZNzTb78W
捏造乙
17 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:03:18.07 ID:7lo2s9mG
神さんのひとりが落っこちてきただけだろ丁重に扱わないと怒って
人類消滅するぞー
18 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:03:19.67 ID:0k/sBvQQ
チベットを侵略したチュウが返還請求しそうだな

19 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:03:26.44 id:XwQr8n+6
>>1
>アーリア人の起源はチベットにあるという説を確認するため

胸の卍マークから強引だなぁ
20 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:04:56.09 id:ukvo/QiF
ナチスドイツはこの仏像を略奪してきたんだろうか?
チベットなんて勢力圏外だし、買ってきたんだろうなあ。

中国のチベット侵攻で壊されなくて良かった。ケガの功名みたいなもんか。
21 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:06:11.72 ID:/PsG4JdO
今じゃ日本人と見た目が変わらん黄色人種の住んでる場所が
アーリア人の起源の土地と考えたのが不思議
22 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:07:38.19 id:WlwsJrZ8
卍ってナチスとお寺にそんな関係が
23 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:09:30.18 id:QkJ977vS
卍があるならナチスのもの決定
24 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:11:03.74 id:pWS23bpr
>>21
20世紀の初め頃は、アフリカとかアジアの奥地に白人が住んでいる地域がある
という想像が色々あったのよ

ライダー・ハガードの『彼女』とか、エリザベス・ギャスケルの
『クランフォード』とか読むと分かるお
25 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:14:09.34 id:HA1c82h1
ハーケンクロイツチベット仏教の影響ってのは有名だけど、
卍の向きをヒトラーは逆にしたんだよ。
26 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:16:36.41 id:aOzJLG26
今は返すな、チベットが独立してから返せ
27 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:17:49.51 ID:/PsG4JdO
ナチスはオカルチックなものが好きだったからなあ
まあそれがナチスの"カッコヨサ"にも確かに結びついてる
28 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:22:09.68 id:M3MI2Ofo
ロマンだ
29 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:23:30.34 id:hY1cLLaR
ナチスは真剣にチベットでシャンバラを探していた
30 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:23:51.37 id:P6G9ETnR
寺のマークを彫り間違ったんだろw

ただそれだけで国を動かした作者はある意味神w
31 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:28:20.04 id:MnFvjyYn
時事通信の記事読んだ?「ナチスのシンボルであるかぎ十字とは逆向きの「まんじ」が
胸に描かれ、探検隊が興味を持ったと言われている。」だってさ!卍を逆にしてナチス
のマークを作ったのは誰でも知っているのに、こんな理由で興味を持つはずねえだろww
33 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:29:38.73 id:hY1cLLaR
ナチスはユダヤの失われた聖櫃(モーセの石版)も探していたし
アイスランド噴火口でアガルタへの入り口も探してたよね

シャンバラがアガルタへの入り口だっけ忘れた
34 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:31:36.49 id:GAQiCey/
実はこれがマーカーでネクロモーフ化したチベット人朝鮮人の祖先だということなのか・・・
35 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:32:25.54 id:hY1cLLaR
ナチスのオカルト趣味は真剣にやり過ぎて現実の科学技術研究を発達させてしまった
37 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:39:45.97 ID:PH+oysOm
>>1
× >開いた右手を下に向けている
○ 開いた右手の指先を下に向けて掌をこちらに見せている

開いた掌を下に向けているのかと思ったぞ
38 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:41:03.48 id:BYbwqg77
隕鉄、入ってる
39 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:42:35.30 id:kUSNn7qW
この時代、ドイツがチベットに行くこと出来たんか
インドルートで入ったのかね
40 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:48:42.00 id:E3D2QZo+

古いもので7世紀ごろの天鐵には隕鉄が溶かされてるみたいね
雷が落ちた所に天鐵があるって言い伝えがあるし

ロマンだなぁ
41 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 14:54:42.14 id:GFBcDwz8
>>22

アフォか 卍 まんじ と カギ十字は 逆だろ

なんで仏教が ナチスなんだよ 馬鹿 どんだけ仏教の歴史は浅いんだかww

団塊か厨房だろ
42 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 14:58:57.84 id:m7OlJJ0R
孔雀王を思い出す俺はおっさん。
43 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 15:03:51.57 id:aVAHadjR
ブラピのセブン ・イヤーズ・イン・チベットで映画
ナチスのSS部分適当にごまかしてたね
44 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:05:06.78 id:FoAcFeyJ
日村の仕業か
45 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:07:22.40 id:RUYIwfSm
コレのどこが仏像?
46 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:13:09.64 id:E3D2QZo+
河口慧海ってすげぇーよな
47 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:14:37.81 id:pSu04NQ9
ラストバタリオンまだー?
48 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 15:15:56.52 id:y0EKzWPl
これ仏像なの? 鎧着てね?
49 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:18:25.77 ID:o+h4v8kd
毘沙門天軍神
50 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:25:56.88 id:U4Xpqka4
ナチスはオカ板住人だった これ豆な
51 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:39:20.03 id:ACnAaLsq
…これ…カーズだぞ…。
52 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:48:50.96 id:UY8yqWeI
中僑はこれを求めてチベットを目指したけれどナチスに先越されていたんだな

沖縄琉球の秘宝は赤珊瑚の大きな勾玉と言われていたけどどうなったかな

54 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 15:52:04.60 id:iFpDDdi/
ヒトラー「知ってた」
55 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 15:53:39.19 id:HoNALbPe


とりあえずヒトラー総督が喜びそうなものを持ち帰るのが最大の使命。

で、卍なんだな。もしこれがユダヤの星なら破壊されてたかもね。

56 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 16:00:38.23 id:VN1/e4ix
UFOなるものがシャンバラから来る事、
またそれに乗っているのは異星人などではなく人間である事を突き止めて
シャンバラを探してたんだろうな
同盟を結ぶか、その超科学の技術を手に入れるために
でもってそれは北極の彼方にある事を突き止めた
57 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:05:25.37 id:WkQR0uQV
日本人ってチベット人とDAN近いってホント?
58 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:07:13.00 id:u0TML7Oy

>>アーリア人の起源はチベットにあるという説

こんな説、初めて聞いた!
仏像は確かに隕石っぽい質感、夢があって良いね♪
59 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:10:12.10 id:wzzP2id/
日独伊が勝ってれば欧州もアジアもすばらしい物になっていただろう
60 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:10:57.41 id:HtLCLaDG
満足げに如意棒をさすっていらっしゃるありがたい像である
61 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 16:13:52.53 id:q7zzjQq3
>>4

言い難いが俺もそう思った
つうかよがり顔にw

62 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 16:35:00.22 id:VN1/e4ix
>>57
ひと口に日本人といっても昔は多民族国家だったからルーツが山ほどあるな
南米、海洋州、東南アジア、ユダヤ、チベット中央アジア、中国、朝鮮、ツングース

その中でもカスピ海沿岸にルーツを持つ騎馬民族であるスキタイとその末裔は
西は北欧から南はチベット、東は日本列島まで活躍してあちこちに子種を残している。
ある意味このスキタイの末裔らは祖先を同じくする集団であるともいえる。

ちなみに北朝イスラエル王国は紀元前722年にアッシリアに滅ぼされて
イスラエル人たちはアッシリアに連行された。
しかし前612年にアッシリアが滅んでもイスラエル人はユダヤに帰らなかった。
彼らはスキタイに吸収されて一緒に中央アジアを駆けずりまわっていたからだ。

この件は今なおユダヤの遺伝子が幅広くユーラシア大陸の各地に
残っている事により科学的に証明されている。
お釈迦様で有名なゴータマ・シッダールタのいたサカ族もインド・アーリア人ではなく
このスキタイの一派が土着化したもので、要するに釈迦とはユダヤ人の末裔だ。

このスキタイの流れを汲む東北アジアの扶余族は、
朝鮮半島に流入して西暦37年頃には高句麗を建国、346年には百済を建国。
その間の時期に倭国(日本列島)に流入した一派が
同じく朝鮮から流入して、畿内に「日本」という国を築いていた長髄彦の国を倒し
大王家(天皇家)の祖となった。
(『旧唐書』『新唐書』にも、かつて同時期に大きな倭国と小さな日本という国が存在し、
 日本は倭国によって滅ぼされた事、後に倭国は「小さく卑しい」という名を嫌い
 『日本』に改名した事が書かれている)
63 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 16:39:17.02 id:VN1/e4ix
チベットと日本人の関係に戻ると、チベット遊牧民族の羌族は日本人に顔がソックリだ。
ちなみに秦帝国を作ったのは漢民族ではなくこの羌族だったらしい。
(ちなみに秦帝国が史上はじめて中国で行った数々の政策が、全てペルシアのダリウス帝の政策の
 まんまコピーだった事からわかるように、秦帝国のブレーンはペルシア系だった。
 ちなみにペルシアとはユダヤ人モルデカイが宰相になり、
 ユダヤ人の敵をみな排斥してユダヤ人が繁栄を極めた事があるユダヤの楽園だった)

漢字の元となる文字を発明したのも羌族かそれに近い遊牧民で、漢民族が後にこれを受け継いだ。
アミシャーブが遺伝子調査したところこの羌族は、イスラエルのマナセ族の末裔だった事がわかった。

ユダヤの祭司階級の人々(アロンの子孫)のDNAには、異邦人には決して見られない
顕著な特徴がある事が知られている。
また人間の染色体は男はYX、女はYYだが、このY染色体はたとえ混血があっても
薄まる事なく父親から息子へと、男の間でのみ受け継がれていく。
この特色を利用する事で、Y染色体を調査する事により
その人物がユダヤの血を引いているか否かを判定できる。
これらの研究結果はアメリカの権威ある科学誌 『ネイチャー』 1997年1月号に記載されている。

このマナセ人の子孫らは東南アジアにも進出しているる
ミャンマーにメナシェ族という少数民族がいる。
彼らは昔から自らを神によって祝福されたルシ(十支族の事)だと自称しており
アロンという名の祭司によってヤーという神を祀っている。
古代イスラエルと同じ動物犧牲、贖罪、過越の祭
今では無くなってしまったが8日目の割礼などの習慣を有している。
非常に古代ユダヤソックリの文化を持っているのだ。
彼らも遺伝子調査の結果、十支族のひとつマナセ族の末裔である事がわかった。

こうしたマナセ族の祖先らはスキタイとともに中央アジアを行き来していたのだろうが
その分隊チベットに行き、更にそこを超えて東南アジアに行き、そこに根付いたように
スキタイの一派の本体がチベットを通過し、日本列島に入り、
そこでもマナセ族の子孫らが現地人と交わり、今の日本人の一部になった可能性もある。
64 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:42:33.21 ID:1GZ55Fe8
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー
65 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:47:07.83 id:MfM7aV+1
ハウスホッファーとかの関係者?
違うよな
SSだし
66 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:49:52.42 id:aOItkUtW
レイダースみたいな話か?
67 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:51:24.16 id:hY1cLLaR
>>61
チベット仏教やネパールやインドにも男女合体仏、歓喜仏が普通に有るから
正にそれなんじゃ

http://www.abaxjp.com/tibet-buddha/tibet-buddha.html
68 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 16:55:00.31 id:cD66LnUv
ダイヤより価値が高いと言われております。
69 yorozuya 2012/09/27(木) 16:59:15.25 id:tQBsDIP9
持ち帰った?正確には略奪して持ち帰った、ではないの?記述があやふやだよ。
70 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 17:19:25.56 id:a7qGgAwE
ふむ・・・ひっとしてこれはアイアン・スカイの前ぶれか?w
71 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 17:23:46.67 ID:4U6ds0f0
この話ベースでスプリガンを描いてくれ。
72 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 17:41:48.57 ID:2WUqUq57
>>65
関係者どころかハウスホーファーは元締めだろ
彼がいなければヒトラーヒムラーシェーファーチベットなんかに興味持たなかったはず
73 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 17:45:52.72 id:UKdf+hnU
鉄とニッケルって、日本の戦車の装甲より強いじゃん。
74 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:13:17.02 id:SkhEOnMX
聖杯を大まじめに探してたって話らしい
75 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:18:57.01 id:gB14PlDq
まあ砂漠の連中は他にみるものがないから隕石とか落ちてたらとりあえず拾い集めそうではあるよな
76 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:20:17.84 id:iWnzPIkV
「隕鉄より鍛えし○○剣を〜」ってセリフの中二病全開アニメを思い出した
77 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 18:24:13.50 id:o4MHj5K2
ゴルゴでチベットナチスの絡んだ話があったな
78 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 18:28:06.95 id:sV184pbN
チベット仏教が成立する以前の代物との事だが
これそっくりそのまま三国志時代の鎧じゃね?
79 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:35:50.77 id:P3flsI3B
しっかりした靴履いてるね
80 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:48:17.62 id:lkimebGM
鉄を掘る道具は何? しかも大昔に? 勝手にナチス派遣員が作ったとかは?
81 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:48:25.83 id:Kw1F88fu
ヒムラー うしろー
82 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 18:55:16.44 id:W95mC1L7
オカルトを求めたナチスも過去の遺物となりオカルトの一部と成り果てた。
そういや、UFOってナチスが開発したって言うけど本当?
ナチスは嘘つきだからプロパガンダでもYFO作ったって言ってんじゃねぇの?
ユダヤ人虐殺しても殺していないって言い張るしな。
でたらめ言う奴らだから信憑性に乏しいよな。
人間、想像力はたくましいからな。
神話も山ほどあって、漫画の世界ではなんでもあり。
ナチスもそういう類の誇大妄想狂なんじゃねぇの?
ついでにそのシンパも、イかれた連中だろ。
狂人が政治をリードするっていつの時代でもあるよな。
昔はどっかのアジアの国もヒステリー状態の巫女が政治を牛耳っていた時期もあるし。
今では何か胡散臭い女霊能力者とかが指図して金をふんだくったりするケースもしな。
まあ、馬鹿はそんなのに騙されてぬけぬけとあの人は凄い人だって誉めるし。
馬鹿が狂人をおだてている感じだな。
83 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 19:08:44.15 id:WkQR0uQV
>>62
なるほどね〜
漢民族とは違うのね
なおさらチベット人を助けたくなったよ
84 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 19:18:53.36 id:V6bsNUhp
イスラム教のメッカでも隕石がご神体みたいになってるし、そういうのをありがたがる文化ってのは普遍的にあるのかもね。
85 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 19:26:48.85 ID:nA+/RCqP
はあ…これは興味深いですねえ
86 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 19:30:15.72 ID:0FVbAyj4
強力な磁気を帯びているんですね。BGM開始♪
87 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 19:34:02.91 ID:Z/QCJWW6
ナチスて、V2ロケット、Me262だの
まさにドイツの科学力は世界一〜〜〜〜〜〜〜〜。
てな面もあるし、これ見たいにオカルトにも
足つっこんでる。よくわからんし、当時生きてた人々は
迷惑千万な連中だったけど、滅んで半世紀の後に生きる
我々にはこの上のないロマンを感じるよな。
どんな荒唐無稽な話でもナチス(残党)だせば一応OKだし。
88 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 19:39:35.83 id:duIzv9w1
いいかげん「第三帝国」って言い方何とかならんのか
明らかな誤訳じゃん
89 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 19:41:35.78 ID:86q9cSHT
新たなスタンド使い
90 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 20:04:57.05 id:nFAHY0Z3
すげえインディジョーンズみたいだ
91 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 20:13:54.46 id:MxjRpVTM
「世界一優秀民族は漢民族ニダ!」
92 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 20:51:37.85 ID:0eMp2SDu
ナチスの文化貢献はハンパねえな
我があああああああナチスの科学力はあああああああああ
せかいいいいいいいいいいいいちいいいいいいいいいいいいいいいいい
93 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 20:53:46.74 id:lsWvYfMV
俺のシゴき方に似てる
94 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 21:03:04.13 id:nqEciXDw
>>4
チベットの仏像卑猥すぎワロロンティエーヌwwwwwwwwwwwwwwww
ttp://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/7022097.html
95 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 21:03:21.26 id:WMODe6hX
>>今じゃ日本人と見た目が変わらん黄色人種の住んでる場所が
>>アーリア人の起源の土地と考えたのが不思議

チベット人は極最近移動してきた連中です。アーリア人の起源は中央アジア
は証明されてる。所謂氷河と草原の接点で進化してきた人。
96 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 21:08:41.43 id:WMODe6hX
ヒットラーのDNAがE系統、、これも証明済み。
DとEは血兄弟で、、もともとのチベットの人、アイヌも同系、、モンゴル人
が出来上がる前から居る、、古いDNA
97 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 21:25:29.65 id:modK8GBN
ナチスがムチャしなければもうちょっと世界も良くなってたかもなー
日本も然り
98 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 21:58:54.38 ID:Rr+bcSUx
>>94
108の煩悩とはこのことだったか・・・
99 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 21:59:59.86 ID:4Ycxql9E
でも、ジョーンズ教授がたった一人でナチスと戦って、最後宝を手に入れたんじゃないの?
100 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 22:44:10.62 id:gaODWSWk
>>96
Y染色体DNAの研究等から否定されている
ヒトラーの親族から採取したY染色体に含まれていたのは
ハプログループE1系
これは「出戻り遺伝子」で
(アフリカを出た人類の祖先がパレスチナ付近から北アフリカに戻った)
この遺伝子を持っているのはモロッコ、アルジェリア、ユダヤなど
ヒトラーが「アーリア人の象徴」としたドイツ・オーストラリア人には
ほとんど見られない

チベット人と日本人のY染色体DNAには
共通点がある程度見られる
これは必ずしも直接の縁戚関係ではなく
元々アジア全体に広がっていた遊牧民族が農耕民族に駆逐され
山や海で隔てられた日本やチベットに遺伝子が残ったと言う説が優勢
101 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 22:45:33.63 id:NDcE2HMt
チベットの美術とかインドの仏像にこんな作風なかったぞ。
ずいぶん仏像は見たがこれはドイツ風じゃないか?

だいたい仏像に卍マークなんか付いてるの初めて見たわ。。
コレは・・・謎だ。。
102 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 22:55:56.24 ID:/PsG4JdO
>>101
確かに現代のチベット仏教の仏像にはない造形やな
でも11世紀以前の作とか言ってるから、
昔のガンダーラ美術っぽい影響か何かある時代の物じゃね?
103 七つの海の名無しさん 2012/09/27(木) 23:21:49.44 id:Mmnm5/Hn
日本円でいくら?
104 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/27(木) 23:52:19.19 id:sV184pbN
聖剣とか伝説の剣などという代物は隕鉄でしたってオチなんだろうな
岩を斬ったり鉄を斬ったり
隕鉄ならば・・・!

エクスカリバーとかロンギヌスのアレの正体は・・・やっぱり!
105 七つの海の名無しさん 2012/09/28(金) 00:07:34.47 id:ZoPLs3h3
? 卍
106 七つの海の名無しさん 2012/09/28(金) 00:08:36.13 id:KQtkT+pN
その隕石の中に・・・・・・・・・・・・・・
107 七つの海の名無しさん 2012/09/28(金) 00:09:41.84 id:Lczyg21R
これのタタリでドイツは負けた

日本はタタリは無しに負けた
108 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/28(金) 00:14:52.70 id:nMU7KrgI
全く仏像と関係ない話なんだが
うちの近所の歩道に立てられてる車止めの柱が
上端が丸く膨らんでて勃起したチンコみたいな感じなんだけど
何か、それを思い出した
109 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/28(金) 00:36:01.96 id:V4KGxWh6
細い筆で塩水を塗って、錆びたところを磨き削り・・ってやっていって、6代位かけて作ったんだっけか。
110 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/28(金) 01:05:51.30 id:eM87LTTC
ナチスって日本人説あるよね
111 七つの海の名無しさん 2012/09/28(金) 01:34:08.18 id:PMoeR5ts
落合信彦はエスタンジアにもう一度潜入すべきだ
112 七つの海の名無しさん 2012/09/28(金) 01:48:20.89 id:LF5fCBWW
中国に持ち帰られたら、色々捏造やら政治の道具にさせられたかもな
怪我の功名かもしれんね
113 七つの海の名無しさん[sage] 2012/09/28(金) 02:50:57.41 id:SVWHrsT8
100年前は先進国の戦争にも呪術が普通にまかり通ってたんだよなぁ…
そう思うとこの100年の変化スピードに驚く。
まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.