読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史ニュースウォーカー

歴史作家の恵美嘉樹が歴史のニュースや本の世界を歩く記録です

脳科学者も認めた?一の宮巡礼の効用

歴史書以外 神社仏閣 買った本

さらにレジ前で一冊w

「脳にいいこと」だけをやりなさい!

「脳にいいこと」だけをやりなさい!

脳科学者の茂木健一郎さんが訳しているので、脳科学の本だと思ったらむしろ自己啓発の本でした。(まあ、それも好きなのですが)

茂木さんが巻頭で書いていますが、

 端的に言ってしまうと、「脳をいかに活性化させて、幸せになるか」を決めるのはたった「7つの要素」です。
 1 ネガティブ思考の「大そうじ」をする。
 2 プラス思考で、脳にポジティブな回路をつくる。
 3 何事にも「愛情表現」を忘れない。
 4 全身の細胞から健康になる。
 5 瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力」につなげる。
 6 目標をもち、脳に眠る才能を開拓する。
 7 つき合う人を選んで、脳にいい刺激を与える。

まさに、これだけ押さえれば正直、本書は読まなくても買わなくてもいい本ですw

しかし、恵美は重大なことに気づいたのです。
この成功術はまさに一の宮巡礼ではないですか!と。


 地域ナンバー1神社、一の宮を巡ることは、
・神様に手を合わせることで悪いことを頭から追い出して、素直で前向きな心にリセットする(1と2)
・神様や家族などに心の中で感謝する(3)
・境内の長い階段を上り下りしたり、歩き回ったりする(4)
・地域ナンバーワンの人智を超えた神様につながる(5)
・「○○になりますように」という目標を設定、宣言することで才能を開拓する(6)
・神社仏閣を巡る人は善男善女と言われている…(7)

 一の宮のみならず神社や仏閣にお参りすることは、「脳にいいこと」だったのです。
どうりで願いが叶うわけです。実は、神様にお願いしたら願いがかなった、とは脳科学的に論証可能だったのです!

 帯にあるとおり、「驚きました!この本は「コペルニクス的転回」になるかもしれません」(茂木健一郎)→「驚きました!一の宮巡礼は「コペルニクス的転回」になるかもしれません」(恵美嘉樹)。

というわけでw、成功したい人は

全国「一の宮」徹底ガイド (PHP文庫)

全国「一の宮」徹底ガイド (PHP文庫)

を読みましょう!と宣伝して終わります。